PLC(高速電力線通信)とは?

よくあるご質問

  • No : 4175
  • 公開日時 : 2012/06/13 19:26
  • 印刷

PLC(高速電力線通信)とは?

回答

既存の電力線(屋内電気配線)を利用してデータ通信を行う通信技術です。
高速電力線通信を利用したネットワークは、マスタアダプタとターミナルアダプタで構成されています。
PLCアダプタを電源コンセントに差し込むだけで、LANケーブルの配線が困難な場所や、部屋の壁のような障害物のため無線通信ができないところでも、データ通信ができるようになります。
なお、電波法令により、使用は屋内に限定されています。電気ノイズや電力線の長さ、ブレーカの仕様の影響を受け、通信速度の低下、または、通信できない場合があります。
また、近傍に強い電波を発する無線設備がある場合は、通信速度の低下、または、通信できない場合があります。
マスターアダプタとターミナルアダプタは同じ分電盤からきている電源コンセントに接続して接続してください。

<関連情報>
PN-1100HD-S

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

ページの先頭へ