分電盤計測器の設置について事前に確認することはありますか?

  • No : 3025
  • 公開日時 : 2012/06/13 19:00
  • 印刷

分電盤計測器の設置について事前に確認することはありますか?

回答

フレッツ・ミルエネをご利用いただくには、ご自宅の分電盤に計測器(分電盤計測器)を、取り付ける必要がありますので、以下の3点について事前にご確認ください。

①電力会社との契約が120A以下であること
分電盤計測器の計測範囲は60Aまたは120Aまでとなりますので、電力会社からの請求書や分電盤のアンペアブレーカーにてご確認いただき、電力会社との契約にあわせた分電計測器の種類(60A/120A)を選択してください。

②CTクランプを設置可能なケーブルと取付スペースが分電盤内部にあること
CTクランプを取付可能なケーブルと5cm程度の取付スペースがあるかをご確認ください。 ※60AのCTクランプのサイズ:約39mm(W)、23mm(D)、36mm(H)

120AのCTクランプのサイズ:約46mm(W)、29mm(D)、31mm(H)

③分電盤に穴を開ける場合があること
フレッツ・ミルエネでは、配線ケーブル用の穴を開ける場合がありますので、分電盤へ穴あけが可能か事前にご確認ください。



関連コンテンツ
フレッツ・ミルエネ

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

ページの先頭へ