光LINKシリーズ

『 光LINKシリーズ 』 内のよくあるご質問

206件中 21 - 30 件を表示

3 / 21ページ
  • 複数拠点を結ぶテレビ会議で利用できますか?

    フレッツフォン VP1500およびVP1000では、テレビ会議用のプロトコル(H.323)に対応しておりますので、テレビ会議に利用することができます。なお、テレビ会議で利用する場合、別途、テレビ会議サービス提供会社との契約が必要になります。関連コンテンツフレッツフォン

    • No:827
    • 公開日時:2012/06/13 19:00
    • カテゴリー: ご利用環境
  • 加入電話で発信したい時はどうすればよいのでしょうか?

    相手先電話番号の前に”0000”をつけてダイヤルしてください。その際の通話料金は、ご利用の電話会社からの請求となります。関連コンテンツIP電話/無線LAN対応機器

  • 「IP電話対応機器無線LANセット」とは何ですか?

    NTT東日本より提供するIP電話と無線LANに対応したレンタル機器です。無線LAN対応の「IP電話対応機器」に無線LANカードをセットでご提供します。関連コンテンツIP電話/無線LAN対応機器

  • 無線LANとは何ですか?

    電波を利用してパソコン等と無線アクセスポイント(無線LAN対応ルーター等)の間でデータをやりとりするネットワークのことです。LANケーブルにより物理的に接続する必要がないことから、電波の届く範囲であれば、ご家庭内のいろいろな場所から配線の制約を受けずにネットワークに接続することができるなどのメリットがあります。関...

  • プロバイダが提供するIP電話サービスとは何ですか?

    VoIP(Voice over IP)技術により音声をIPパケットに変換し、インターネットやIP網に乗せることにより、一般加入電話網を経由せずに通話を可能とするサービスです。NTT東日本の提供するフレッツ網から、プロバイダなどのIP網を経由した音声通話をご利用いただけます。電話番号は、050からはじまるIP電話番...

  • 現在使用中のADSLモデムのレンタルからADSLモデム内蔵IP電話ルーターのレンタルに変更した場合、費用はかかりますか?

    お客さまご自身で取り付けされる場合は変更に関わる費用は発生しませんが、レンタル料は変更になります。NTT東日本が取り付け工事を行う場合は別途工事費がかかります。また、月途中での変更については、レンタル料はそれぞれの日割り計算となります。関連コンテンツIP電話/無線LAN対応機器

  • SSID/ESSIDとはなんですか?

    Service Set Identifierの略。接続先のネットワークを識別するIDです。「IP電話対応機器無線LANセット」の本体機器(無線アクセスポイント)とパソコンに同じSSID/ESSIDが設定されていないと通信できないため、第三者にSSID/ESSIDを公開しないことにより、ネットワークへの侵入をある程...

  • 「IP電話対応機器」に複数の電話機などを接続して利用できますか?

    「IP電話対応機器」は単回線対応ですので、接続可能な電話機などは1台となります。コードレスホン(親機+コードレス子機)などの接続は可能です。また、ルーターにIP電話対応機器を複数台接続し、複数台電話機などを接続した場合でも、通話が可能になるのは1台のみです。関連コンテンツIP電話/無線LAN対応機器

    • No:865
    • 公開日時:2012/06/13 19:00
    • カテゴリー: ご利用環境
  • IP電話サービスは停電時にも利用できますか?

    停電時には、IP電話サービスをご利用いただくことはできません。しかし、従来どおり、加入電話での通話は可能です。その際の通話料金は、ご利用の電話会社からの請求となります。関連コンテンツIP電話/無線LAN対応機器

    • No:1898
    • 公開日時:2012/06/13 19:00
    • カテゴリー: ご利用条件
  • 無線LANカードは何枚までレンタルできますか?

    「IP電話対応機器無線LANセット」をお申し込みいただくと、無線LANカード2枚(本体機器用とパソコン用)が提供されます。パソコン用の無線LANカードはさらに最大3枚まで追加できます。関連コンテンツIP電話/無線LAN対応機器

206件中 21 - 30 件を表示

ページの先頭へ